dTVはサービス入会時にクレジットカード登録が必須です。
ですが、クレジットカードを持っていない人でもサービス登録ができる方法があるのでご紹介いたします。

dTVはクレジットカードがなくてもデビットカードで登録ができる
docomoユーザーなら「ドコモケータイ払い」でケータイ代と一緒に支払いができる
バニラvisaは登録できませんでした。
各サービスの支払い方法一覧

dTVはクレジットカードがなくてもデビットカードで登録ができる

クレジットカードを持っていない人というのは世の中に大勢います。
ネット系のサービス(通販など)ではクレジットカード決済やペイパル決済が一般的ですが、未成年の人や、クレジットカードを失効してしまった人、現金派の人はクレジットカードをサービス登録の際に発行したくない(できない)人も多いかと思います。

そんな方におすすめなのが、デビットカードでの支払いです。
デビットカードとは・・・

デビットカード(英: debit card)とは、預金口座と紐付けされた即時決済取引用カードである。金融機関が発行し、取引の際に使用すると代金が口座から引き落とされる仕組み。誕生の経緯からVISA、JCBなどの電子決済の国際ブランドも参入し、クレジットカードの仕組みを流用しているものがあるが、原則として口座残高を超えない範囲で使用できる。

出典:デビットカード – Wikipedia

デビットカードは銀行口座に入っているお金をそのまま使用することができます。
また、即時決済のため、現時点での口座残高以上の支払いができないので、クレジットカードの使いすぎが不安な人でも安心して使用することができます。

銀行口座を持っている人は自分のキャッシュカードがデビット機能を使えるか確認してみましょう。
また、デビットカードは新しく作るのであれば、ネットバンクが使えて審査なしで作れるジャパンネット銀行がおすすめです。

dTV公式サイト:dTV

docomoユーザーなら「ドコモケータイ払い」でケータイ代と一緒に支払いができる

dTVは登録の際に支払い方法を選択しますが、docomoIDを発行する際にケータイで使用しているdocomoIDで登録するとケータイでの支払いと一緒にすることができます。

つまり、この方法ならクレジットカードやデビットカードがなくてもドコモユーザーでがあれば登録可能です!

クレジットカードを持ってない方は支払い方法の選択で「ドコモケータイ払い」を選びましょう!
※ドコモユーザーじゃないとできません

バニラvisaは登録できませんでした。

クレジットカードを持っていなくても、バニラvisaやVプリカというプリペイド式のネット決済専用のクレジットカードがあるので、それをコンビニで買って登録するという方法もあると思い、試してみました。

バニラvisa
Vプリカ

残念ながら試した結果、登録ができませんでした。
おそらく、「サービスを利用するユーザー名とカード名義人が一致しない」からだと思います。。。

ただし、dTV以外の一部動画配信サービスでは登録可能なサービスもあったので、下記にまとめます。

各サービスの支払い方法一覧

各動画配信サービスの支払い方法をまとめました。

サービス名 デビットカード バニラvisa・Vプリカ docomoケータイ払い
hulu
amazon
prime video
×
NETFLIX ×
dTV ×
U-NEXT × ×

デビットカードは全サービスで使える万能カード。
プリペイドのネット専用クレジットカードは海外系のサービスでは使えるようです。

dTVにこだわるならデビットカードを利用してみるのが一番簡単だと思います。

dTV公式サイト:dTV

The following two tabs change content below.
VODマスター

VODマスター

人気の主要VOD5社全てに登録をして、日々使い分けをしながら動画ライフをエンジョイしている。 本当は一本化したいのだが、それぞれのオリジナルコンテンツが見れなくなってしまうのがイヤで退会をためらっている。 一番最初に登録したVODはhulu。 最近はリニューアルしたU-NEXTが使いやすくて、愛用しているが、テレビへの連携機器を所持していないため、 テレビの大画面での視聴をする際はdTVターミナルを使ってdTVを観ている。 最近、見逃し配信が便利すぎて、PS3のトルネが全く役に立たなくなってきた。