半沢対ウシジマくん

半沢直樹対ウシジマ君という異種格闘技戦を展開してくれます。
堺雅人が「ネジがひとつ飛んでしまったかのような人間」を好演しています。
好演しすぎていて気持ち悪いです。

対する山田孝之はいつもの如く役作りがウマイですね。
好青年を演じることはもう少なくなってきていますが、狂気をまとった人間を表現するのが非常に上手です。

綾野剛を観たくて。

そもそもこの映画を観ようと思ったきっかけは綾野剛くんが見たかったからなんですね。

ただし、期待以上のものは見れず。
あのか細くて繊細で中性的な魅力というのが見れず、野暮ったくて垢抜けない青年という感じでした。

綾野剛くんの魅力的な作品はなんなんでしょうね。
もう少し探してみます。