近頃、TV売り場で目にする「4Kテレビ」

動画なんかでも、4K画質対応!なんてものもあります。

よく聞く『4K』ってそもそも何なんでしょうか?

4Kテレビや4K画質とか、なにかと付いている気がします。

そこで今回は、この4Kとはなんぞや?

の疑問を解消すべく、4Kについてまとめてみました!

そもそも『◯K』のKってなに?

◯Kとは何のことかと言うと、解像度を指しています。

この、解像度が高ければ高いほど、細かい表示が可能になるので綺麗に表示できると言うことになります。

4Kは解像度が3840×2160です。

横の画素数が3840=約4000あり、1000は1K(キロ)という単位で表されるため、そう呼ばれているようです!

4000だから4Kというわけですね!

映画館と同じ画質を自宅で見ることができる!

『4K』とは一言で言うと、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ画質のことです。

これは、ブルーレイの画質と比べても4倍の画素、DVDの画質と比べると24倍の画素数となり、かなり綺麗に観れるということになります。

4K画質では、従来のフルハイビジョン映像では表現しきれなかった細部まで再現が可能で、映画館と同じ画質の映像を楽しむことができます!

DVDを4Kディスプレイで見ても意味がない?

大きな画面で迫力ある映画をキレイに見たいといって、4KディスプレイでDVDを見る人が居ますが、これはあまり意味がありません。

DVDの解像度は720×480で記録されているので、これを4Kテレビで見ると無理やり拡大して表示させないといけないので、キレイに観られるわけではないんです。

逆も然りで、4Kのコンテンツを普通ディスプレイで観ても意味がありません。

4K作品があるVODサービス

Netflixのプレミアムプランでは4K動画での配信が行われています!

4Kに対応したタイトルはまだまだ多くはないのですが、気になる方はチェックしてみてください。

NETFLIX無料登録お試しはこちら:NETFLIX公式サイト

最後に

4K画質のものを観るには、それに対応したディスプレイやモニターで観るのが最適です。

TVやDVD、Blu-ray(ブルーレイ)で映像を見る場合には、HD(ハイビジョン)、フルHD(フルハイビジョン)のディスプレイで問題は無いです。

昨今では、家庭用のビデオカメラでも4K動画の撮影ができる機材などが増えてきていますが、まだまだ4Kに対応したコンテンツは少ないです。

なので、結局はHD、フルHDが現状ではベストなのではないでしょうか。

4Kコンテンツがもっと増えることを期待しましょう!

The following two tabs change content below.
kj@VOD中毒

kj@VOD中毒

アニメ好きです。 キャンプに出かけてもアニメを見てしまいます。