ついにあの名作、『鋼の錬金術師』2017年冬に公開との発表がされましたね!

大人気作品の実写化ということもあって、不安ですが。。。

まあ観ないことには始まらないので、公開されたら観に行きたいと思います!

実写映画を観るその前に、アニメシリーズを観て、ばっちり予習しておきましょう!

アニメ『鋼の錬金術師』と映画『鋼の錬金術士 シャンバラを征く者』dTVで配信中とのことなので、チェックしてみるのもありですね!

dTV無料登録お試しはこちら:dTV公式サイト

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師_-_Google_検索

幼き日に最愛の母親、トリシャ・エルリックを亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスのエルリック兄弟は母親を生き返らせようと思う余り、錬金術における最大の禁忌、人体錬成を行う。しかし錬成は失敗し、エドワードは左脚を、アルフォンスは自らの身体全てを失ってしまう。エドワードは自身の右腕を代価として、アルフォンスの魂を鎧に定着させることに辛うじて成功したが、自分たちの愚かさに気づく。その後、エドワードは自ら失った右腕と左脚に機械鎧(オートメイル)を装着し、仮の手足を手に入れる。

ダークファンタジーの最高傑作といっても過言ではない、名作と呼び声高い『鋼の錬金術師』

腐女子にも人気ある作品としても知られています。

まあ、どうでもいいんですが。。。

鋼の錬金術師(ハガレン)の私が思う魅力はまず作画だと思います!

動きにかなり迫力があり、特に戦闘シーンはすごい!

制作会社に詳しい人はボンズの作画のすごさを知ってると思います。

それともうひとつは、個性のあるキャラクターがたくさん登場することですね。

img_0__1024×768_

敵もかっこよかったり、クセが強かったり、じいさんまでもいいキャラしていたり。

登場キャラクター、一人ひとりの心情描写が細かく描かれているので感情移入しやすいです。

観ていて全く飽きることなく、全話観れると思いますよ!

ひとつ気をつけてほしい点が、アニメは第1期と呼ばれるアニメ『鋼の錬金術師』と第二期と呼ばれる『鋼の錬金術師 FULL METAL ARCHEMIST』があるので注意してください!

今回dTVで配信されているのは第1期『鋼の錬金術師』です!

こちらは、原作やアニメ第二期とは全く違う内容で、ストーリーも設定も違うものとなっているので、注意してくださいね!

『鋼の錬金術士 シャンバラを征く者』

シャンバラを征く者_-_Google_検索

舞台は1923年のドイツ(ワイマール共和国)にあるミュンヘン。当時のドイツでは、第一次世界大戦敗戦後のインフレに伴う貧困に喘ぎながら、それでも人々が懸命に生きていた。
アニメ最終話で現実世界へ飛ばされたエドワード・エルリックは18歳になり、錬金術世界へ戻るためにロケット工学を研究していたが、先の見えない現実に焦燥していた。その頃、エドの同居人で「自らの手でロケットを作りたい」と夢見る少年、アルフォンス・ハイデリヒは、パトロンを得て念願のロケット製作に着手する。しかしその裏には、謎の組織・トゥーレ協会の陰謀が隠されていた。

映画『シャンバラを征く者』は第一期アニメ『鋼の錬金術師』の続編みたいな感じです。

この作品を観る前には、アニメ『鋼の錬金術師』を観てからの視聴をおすすめします。

たぶん、アニメを観ていないと話がわけがわからなくなると思うので。。。

アニメを観ても、ストーリーだけではなく、設定やキャラクターも全然違うのですこし混乱するかもしれません。

そして、この映画のエンディング曲、L’Arc〜en〜Ciel「LOST HEAVEN」がまたいいんです!

私自信がラルク好きではあるのですが、この曲が映画の雰囲気にピッタリなんです。

歌詞もストーリーを意識される内容となっているので、ぜひそちらもチェックしてみてください!

最後に

鋼の錬金術士って、長編ストーリーながら、途中だれることなくずっと面白いので、原作を知らなくても確実に楽しめます!

魅力的なキャラクターが織り成すストーリや戦闘シーンはほんとに圧巻!

何一つ文句なしの、日本のアニメ史に残る名作です!

まだ見たことが無いという人はdTVで配信中なのでお見逃しなく!

『鋼の錬金術士』シリーズはこちら:dTV公式サイト

The following two tabs change content below.
kj@VOD中毒

kj@VOD中毒

アニメ好きです。 キャンプに出かけてもアニメを見てしまいます。